大学生のための就職応援サイト

コロナ禍がもたらした社会の変化、
「働く」はどのように変化したか

世界中に大きな影響を与えた新型コロナウイルス。コロナ禍の今、私たちの暮らしや社会も大きく様変わりしています。これから就職活動に取り組む前に、コロナ禍によって生まれた「働く」に関する変化を知っておきましょう。

変化その1:働き方

多くの企業でリモートワーク(在宅勤務)を導入。IT系企業を中心にオフィス離れが進む?


場所や時間を有効に活用する柔軟な働き方として以前から注目を集めていたリモートワーク(在宅勤務)。2020年4月に発出された新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言を機にリモートワークを導入する企業が急増しています。宣言解除後も原則テレワークという方針を打ち出し、オフィスを削減する大手IT企業も出てきており、週休3日制や副業の解禁、ジョブ型採用などコロナ禍をきっかけに各企業が新しい働き方を模索しています。

変化その2:就職活動

対面からオンラインに移行。多様なチャネルを活用した就職活動を。


従来は対面で実施されていた説明会や面接といった企業との接触機会は、オンラインでの実施が主流になりました。移動時間や交通費がかからず、より自由に活動できるメリットがある一方、実際に企業との直接の接触機会がないため、会社の雰囲気が掴みづらいというデメリットも。単純に説明会から選考に参加するだけでなく、インターンシップやOB・OG訪問を活用するなど、これまで以上にさまざまなチャネルから企業を知る活動が大切になってきています。

変化その3:各業界への影響

業界の好不況に大きな影響を与えた。


コロナ禍は旅行、イベント業界など、人の移動や大人数を集めたりするビジネスに大きな影響を与えています。一方、そんな状況下だから需要の高まる業界も。例えば、非接触で食品を届けてくれるデリバリーサービス、自宅に荷物を届けてくれる運輸業界、テレワークなどを支援する情報通信業界、インドアでの余暇を提供するゲーム業界などが代表例です。ただし、コロナ禍に限らず、長いスパンではどんな業界にも浮き沈みがあることを忘れないでおきましょう。