大学生のための就職応援サイト

【オンライン就活】録画選考について知ろう!
〜実践編〜

オンライン選考を実施する企業が増加するに伴い、従来とは異なるアプローチの選考方法も増えてきました。ここではオンラインならではの選考方法である「録画選考」について、実際に取り組む上での注意点やポイントについて紹介します。

「録画選考」についての基本編はコチラから

実践1)まずは結論から話す


これは実際の対面式の面接でも同様ですが、質問に対する結論を冒頭に伝えるのは面接の鉄則です。人事担当者には多くの学生から録画選考のビデオが送られてくるため、長々と話し、結論がわかりづらい内容であれば、最後まで見てもらえない可能性もあります。実際の面接では最後まで話を聞いてもらえるので挽回できることもありますが、録画選考では問答無用で切り上げられる可能性があることを意識しておきましょう。

実践2)録画中の目線に注意

対面の面接であれば、自然と面接官と目を合わせて話をすることができますが、録画選考ではカメラに向かって話をすることになります。面接官が目の前にいない録画選考においては、カメラに目線を合わせることが面接官に目線を合わせることと同義になります。カメラの向こう側にいる面接官をイメージしながら、カメラ目線で自分をアピールするようにしましょう。

実践3)身ぶり手ぶりを交えて話そう

目の前に相手いない録画選考では、どうしても話し方が単調になってしまいがちです。話の抑揚だけでなく、表情の変化や身ぶり手ぶりも意識的に交えてハキハキ話すことで、あなたの印象はより強く面接官に伝わります。

ここに気をつけよう)原稿の読み上げはNG

目の前に面接官がいないからといって、原稿を用意しそれを読み上げることはやめましょう。用意している原稿を見ている目線や原稿を読み上げているような単調な話し方など、人事担当者が違和感を少しでも感じてしまえば悪印象につながります。

最後に

今回は録画選考の実践編として紹介をしました。対面型やオンライン型の面接とは異なる注意点もいくつかありますが、面接として問われる基本的なことや大事なポイントは全て一緒です。自分を最大限アピールできるように、事前にしっかりと対策を立てて臨みましょう。