大学生のための就職応援サイト

【オンライン就活】
録画選考について知ろう!〜基本編〜

オンライン選考を実施する企業が増加するに伴い、従来とは異なるアプローチの選考方法も増えてきました。ここではオンラインならではの選考方法である「録画選考」について紹介します。

録画選考とは

録画選考とは、事前に企業から与えられたテーマ(自己PRなど)に対する動画を自分で撮影し、企業に送信する形式の面接です。提出する動画には制限時間が設けられいるため、限られた時間のなかで、わかりやすくアピールすることが求められます。一般的には、自分の納得のいくまで撮り直しができますが、企業が導入している方式によっては、撮り直しの回数が決められていたり、取り直しができない場合があります。撮影前に必ず詳細を確認するようにしましょう。

録画選考とは

録画選考のテーマ例

形式は異なっても、聞かれる質問は対面型の面接と変わりはありません。
テーマへの回答を冒頭に伝え、時間制限内でわかりやすくまとめるようにしましょう。
【テーマ例】
□自由な方法で自己紹介をしてください
□自己PRをしてください
□学生時代頑張ってきたことを教えてください
□将来、実現したいことを語ってください
□当社への志望動機を教えてください

対策にしっかりと時間をかけよう

録画選考では、事前にテーマが与えられるため、受験者が対策を立てやすいことが特徴です。相手に魅力的に伝わる話の内容になっているか、時間制限内に収まるか、話すスピードは適切か、抑揚のある話し方ができているかなど、本番撮影前にしっかりとチェックしてから撮影に臨みましょう。練習用に録画した映像を友人や保護者に見てもらえれば、客観的な意見をもらうことできるのでオススメです。

最後に

今回は録画選考の基本について紹介をしました。次回は、録画選考の準備編として、録画選考ならではのポイント注意点を紹介します。