大学生のための就職応援サイト

企業を探す時のヒント(第5回)
〜ユースエール〜

企業を探す時のヒント(第5回)は、厚生労働省が認定する「ユースエール」について紹介します。

「ユースエール」とは?

「ユースエール」とは?

新卒大学生の約3人に1人が入社後3年以内に離職するなど、企業と学生側のミスマッチが叫ばれて久しい状況を受け、厚生労働省では、若者の採用・育成に積極的で、雇用の状況が優良であると認められた中小企業(300人以下)を認定する「ユースエール」認定制度を設けています。つまり、「ユースエール」認定企業は若者が働きやすく成長できる企業と言えるでしょう。

厚生労働省が定める認定基準全てにクリアした企業が初めて、「ユースエール」に認定されることになります。
<認定基準の一例>
 ・直近3事業年度の新卒者などの正社員として就職した人の離職率が20%以下
 ・「人材育成方針」と「教育訓練計画」を策定していること
 ・前事業年度の正社員の月平均所定外労働時間が20時間以下かつ、月平均の法定時間外労働60時間以上の正社員が1人もいないこと
 ・前事業年度の正社員の有給休暇の年間付与日数に対する取得率が平均70%以上又は年間取得日数が平均10日以上
 ・直近3事業年度で、男性労働者の育児休業等取得者が1人以上又は女性労働者の育児休業等取得率が75%以上

※詳しく知りたい人は厚生労働省HP(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000100266.html)をチェックしてみましょう。

認定企業について

▼認定企業一覧はコチラ

まとめ

自分らしく働ける企業を探すためのヒント(第5回)は、「ユースエール」について紹介しました。事業内容や仕事内容以外にも、働く環境も企業選びの大切な要素。「ユースエール」では離職率や時間外労働、有給取得率、育休取得率などが認定要件として含まれているため、取得企業は働く環境整備が進んでいる企業と言えるでしょう。