大学生のための就職応援サイト

企業を探す時のヒント(第3回)
〜ホワイトマーク〜

企業を探す時のヒント(第3回)は、厚生労働省が認定する「ホワイトマーク(安全衛生優良企業)」について紹介します。

「ホワイトマーク」とは?

「ホワイトマーク」とは?

「ホワイトマーク」とは、厚生労働省から安全衛生優良企業である企業を認定する制度です。安全衛生優良企業とは、労働者の安全や健康を確保する対策に積極的に取り組んでおり、実際に高い安全衛生水準を維持している企業を指します。つまり、認定企業は国(厚生労働省)からのお墨付きをもらった公式なホワイト企業とも言えます。

「ホワイトマーク」に認定されるためには、企業は約80もの認定基準をクリアする必要があります。
<認定基準の一例>
・過去3年以内に労働基準関係法令の違反をしていないこと
・各事業場に健康や安全に関する責任者を任命していること
・メンタルヘルス対策を推進するための計画を策定し、実施しているか
・過重労働防止対策として、企業全体の労働の負荷を軽減するための計画を策定し、実施しているか

※詳しく知りたい人は厚生労働省HP(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000075544.html)にをチェックしてみましょう。

認定企業について

▼認定企業一覧はこちらから確認できます(厚生労働省HP)

まとめ

自分らしく働ける企業を探すためのヒント(第3回)は、「ホワイトマーク」について紹介しました。企業の働き方改革が進む昨今において、労働者が安心・安全に働ける環境に注目が集まっていますよね。「ホワイトマーク」はその厳格な認定基準ゆえ認定企業はまだ少ないのが現状ですが、その認定基準などは、安心・安全に働ける企業かどうかを見極める上でのヒントにもなるはずです。次回は、健康経営において特に優良な取り組みを実践している企業を表彰する「健康経営優良法人」について紹介します。